足のむくみの原因

HOME

足のむくみの原因


足のむくみの原因としてまず挙げられるのが冷えです。
体の冷えは体内の血流を悪くします。

血流が悪くなると、本来血流に乗って体内をめぐって排出されるはずの水分が体内で滞りがちになりますので、その余分な水分が足のむくみとなって現れやすくなるのです。

気温が下がる冬場は特に体が冷えやすくむくみの症状も起こりやすい時期ですが、夏場であってもクーラーによる冷えや冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎといった原因でむくみがちになることがありますので、普段から体を冷やさないように意識した生活を送ることがむくみ対策につながります。

足のむくみのもう一つの原因は運動不足です。
運動不足によって筋力が低下することも血流の悪化につながりむくみを引き起こします。
特に足は第二の心臓と呼ばれるほど本来は筋肉量の多い箇所なのですが、運動不足によって筋力が低下すると全身の血流の低下をも引き起こします。

毎日デスクワークばかりでほとんど歩いたり走ったりする習慣がない、という人などは知らず知らずのうちに足の筋力が低下し、それによりむくみの症状が悪化しているという場合があります。
毎日なるべく歩いたり走ったりする習慣をつけ、またスクワットなどのトレーニングも平行して行うと筋力アップが期待できます。

→ 脚のむくみ解消法

PAGE TOP